クレジットカード現金化はパート女性や主婦でも利用可能

クレジットカード現金化は定期収入のある女性だけでなく、主婦やパートの女性であっても利用することが可能です。
しかしクレジットカード現金化を安全に行うためにはいくつか注意しておくべきポイントがあるため、特に女性が引っかかりやすいポイントについて詳しく解説していきます。

クレジットカード現金化は貸金業務でないため様々な女性が利用できる

通常の借金に当たるキャッシングでは、利用者本人に返済能力があるかどうかを厳しく審査されることになります。
主婦やパートの女性の場合はこの審査で落とされるケースが多く、それが女性がキャッシングを利用することの難しさに繋がっています。
一方でクレジットカード現金化はあくまでクレジットカードに付与されているショッピング枠を使って現金を調達するため、事前にクレジットカード発行の審査をパスしていれば現金化で改めて審査を受ける必要はありません。
そのため主婦やパートの女性でも本人名義のクレジットカードを保有していれば現金化が利用できます。

主婦の女性がクレジットカード現金化をする場合は夫に相談すること

クレジットカード現金化は借金ではありませんが、カードの引き落とし日に受け取った現金プラス手数料分のお金が必要になる点は借金の利息支払いと大差ありません。
自身に収入がなく夫の給料でクレジットカードの支払いをしている女性だと、この手数料の差額をどう処理したらいいのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。
そのため基本的にはクレジットカード現金化を利用する前に夫婦で相談をして、引き落とし日の対応を事前に決めておくことが問題を大きくしないために重要な措置となります。
特に家計を助ける目的で現金化を利用する際は、夫婦で長期的な計画を立てておくことが大切です。

パート女性がクレジットカード現金化をする際は給料日までの時間に注意

自身で収入のあるパート働きの女性の場合、クレジットカード現金化もある程度は自分の裁量だけで進めることができます。
給料日に入ってくるお金と現金化で使った金額とのバランスを見ながら調整をしていけば、パートで手に入る以上のお金を動かしていくことも可能となるでしょう。
ただし、あくまで給料が入ってくる前提で調整していくことになるため給料日までの期間には気を配っておく必要もあります。
給料日よりも前にクレジットカードの引き落とし日が来てしまうと、手持ちの現金が一気に足りなくなって家庭にも影響を与えてしまう危険があります。
そうならないためにもクレジットカード現金化は無理のない範囲で使うことを常に意識しておきましょう。

家族にクレジットカード現金化を隠したい女性はスマホを使うのおすすめ

クレジットカード現金化業者を使うにはホームページからの申し込みとメールでのやり取りが必要になります。
一連の手続きはパソコンから行うこともできますが、家族バレなどを防ぎたいのであれば個人所有のスマホを使って全ての手続きを済ませるのがおすすめです。
登録する電話番号やメールアドレスも個人のものに限定しておけば、家族に見られる心配をなくすことができるでしょう。
また身分証を提示する時に写真を撮って送ることになるので、手続きには結局パソコンだけでなくカメラも必要になります。
スマホがあればそのカメラで身分証の写真を撮影してそのまま業者に送ることもできるので、スムーズな手続きを考える上でも申し込みはスマホで完結させるようにしましょう。

まとめ

クレジットカード現金化はキャッシングが利用できない主婦やパートの女性にも利用可能となる、貴重な現金調達方法です。
しかしクレジットカード現金化にも利息の支払いに相当する換金率の差額が存在するため、あまり気軽に現金化を利用するのは避けた方がいいでしょう。
基本的にはメインの収入を持っている人に相談しながらクレジットカード現金化を進めることが推奨されます。