クレジットカード現金化を利用すると、カード利用停止になる?

急にお金が必要になった時、昔なら消費者金融などが真っ先に思い付く解決策でしたが、今の時代クレジットカード現金化というやり方があり、短時間で手間も省けてお金を作り出すことが出来ます。
ただしこの手法を利用すると、それなりのリスクを背負うこともあり、ケースによってはカードの利用停止処分を受けることがあります。
今回、クレカ現金化でカードの利用停止になる理由や、そのような結果にならない方法などを説明させていただきます。

クレジットカード現金化をやると利用停止になるのか?

クレジットカード現金化とは、カードのショッピング枠で商品を購入したあと、買い取り専門店で売買し現金化さることを言います。
これだけなら大きな問題も特になさそうですが、実はカード会社の約款事項に、「現金化目的のカード利用は禁止」ということがうたわれています。
つまり、現金欲しさにカードを利用し現金化したことがカード会社にばれてしまった場合は、即カードの利用停止、並びに今まで融資されている全額一括の返金を求められます。

クレジットカード現金化をすると何故ばれるのか?

カード会社には、24時間365日で不正を検知するシステムがあります。
特に現金化で利用される商品をいきなり大量に高額購入などをやっていると、一発で怪しい動きと判断され、クレカ現金化として疑われてしまいます。
特に過去カード払いなどで遅延や滞納などしている方は、特に目が付けられやすいです。
なので、以前からカードやローンなどで支払が悪い方は、さらに慎重なクレカ現金化が求められます。

クレジットカード現金化を利用停止させないために

クレカ現金化を利用して、絶対に利用停止させない方法などはありません。
ただし、そのリスクを低減させることは出来ます。
まずは、クレカ現金化でよく利用される商品の大量購入、高額購入はしない。
現金化でカード会社にばれ、利用停止になる方の特徴は、心に余裕が無いことです。
つまり高額な現金が手に入ると思うと、クレカ現金化でよく利用される商品や金券を大量購入する方が多いです。
カード会社というのは、カードの購入履歴から不正検知をしています。
一般的に信じられない買い物履歴を確認されると直ぐにばれるのは当たり前です。
ここでの結論として、節度を持って数万円レベルの現金化をおススメします。
また、遅延滞納者や多重債務者は既にカード会社からマークされていると心に止め、一度だけ少額な現金化をした後は、その後調子に乗って何度も繰り返さず、しばらく間隔を開ける様に心がけること。
それから、クレジットカードの限度枠一杯に利用しないこと。
限度枠一杯に使い切っている人物も、おのずとマークされやすいですからここも必ず配慮してください。

クレジットカード利用停止:まとめ

以上まとめになりますが、クレジットカード現金化とは、カード会社にばれると利用停止になるリスクがありますから注意が必要です。
そこで少しでもリスクを軽減させるには、クレカ現金化で利用される商品の大量購入は避けていただき、出来るだけ少額な現金化をするように心がけて下さい。
またこの方法を利用するタイプによって異なりますが、カードの遅延経験者や、多重債務者、そしてカードの限度額を使い切っている人はカード会社からマークされている可能性がありますから、あまりにも目につくような現金化は絶対にやらないことです。