クレジットカード現金化の優良店を見つけるためにチェックしておきたいポイント

お金がないときの手段として、時に役立つクレジットカード現金化。
業者を利用すれば初めての人でも手軽にできる一方で、クレジットカード現金化に関するトラブルも少なくありません。
そういった相談件数の多くが悪徳業者によるものであることから、クレジットカード現金化を利用する際にはしっかり業者選びをする必要性が覗えます。
悪徳業者でない業者、いわゆる優良店を探す方法として、以下にあげた点だけは最低でもチェックするようにしましょう。

還元率ははっきり決められているか

クレジットカード現金化の業者を探すとき、還元率の高さを気にする人もいるでしょう。
もちろんクレジットカード現金化する上で還元率は高いに越したことはありませんが、見るべきところはそこではありません。
高い低いに関わらず、はっきりと数値が記載されているかどうかです。
これはクレジットカード現金化の申込みをしたあとで、急に低い還元率に変えられお金を騙し取られないようにするためです。
ホームページでは還元率の最高値のみを強調して書かれていることが多いのですが、それを鵜呑みにせず実際は何%なのか明確に答えられる業者こそ信頼がおけます。

個人情報の取り扱いについて慎重であるか

問い合わせや申込みのときには、クレジットカード現金化に限らず、個人情報を取り扱うことになります。
そしてその際どこの業者も個人情報の取り扱いについて、丁寧な説明書きがされているはずです。
それはその業者が優良店である証でもあって、本当に必要不可欠な情報だけ尋ねてくる業者は疑わなくても大丈夫なケースが多いです。
反対に、申し込んでもいない状態からクレジットカードのセキュリティコードを聞いてきたり、身分証明書の提示を要求してきたりする業者は、非常に怪しいことも。
疑わしいなと思った時点でやり取りをやめ、決して個人情報を安易に渡さないようにしましょう。

会社の情報に不明瞭な点はないか

クレジットカード現金化業者のホームページを見れば、大体の確率で会社の所在地やLINEアドレスなど、会社にまつわる情報が載っています。
ここで気をつけたいのが、情報が載っていたら良しとしてしまうこと。
もしかしたら嘘の情報の可能性もあると、最初は疑ってかかるようにしたいですね。
ここで見るべきポイントは、会社の情報が不明瞭ではないかという点です。
住所が途中までしか書かれておらず、誤魔化してあるのは怪しいです。
またLINEアドレスのみで、電話番号や代表者の氏名が書かれていないのも、すぐに信用していいとは言えません。
買い取り方式の現金化であれば、古物商許可もとっているはずなので、そのあたりの情報も記載があるかチェックしてください。
誤魔化してあるということは、嘘を付くかもしれないということ。
業者と付き合うには慎重であることが必要不可欠となりますよ。

まとめ

他にも悪徳業者か優良店かを見分ける方法はたくさんありますが、最低限これだけはというものだけ書かせていただきました。
以上のことを気を配っていれば、悪徳業者に騙される確率はぐっと下がります。
しかしそれでも被害にあってしまったという場合には、決して泣き寝入りなどせず、生活センターなどに電話してアドバイスをもらうようにしましょう。