GooglePlayカード買取の4つの方法

GooglePlayカード買取の方法は様々です。
それぞれにメリットがありデメリットがあります。
「今すぐお金が必要」「不要なものだから手放したい」など、自分の状況や買取の目的によって選択することが大事になります。
納得できる方法を選んでみましょう。

GooglePlay買取サイト

GooglePlayカード買取の方法のひとつとして、オンライン取引があります。
買取サイトなら来店する必要もありません。
GooglePlayカード買取サイトなら、すべての手続きをインターネット上で行うことになります。
買取が成立すると銀行口座に振込してくれます。
自宅にいながらGooglePlayカードを買取してもらえるため、気軽さ、手軽さがメリットです。
基本的に振込での買取のみになります。
最近では、モアタイムシステムを導入する銀行も多く、その口座を使えるなら効率的に現金化ができます。

オークションやフリマアプリ

GooglePlayカード買取の方法として、ネットオークションやフリマアプリなどがあります。
手持ちのGoogleplayカードに好きな金額を設定しておくだけで、欲しい人がそのGooglePlayカードを落札し、取引が成立すると換金ができる方法になります。
GooglePlayカードの金額を自由に設定できることもあり、高い換金率で現金化することが期待できるのはメリットです。
しかし、すぐに買い手が見つかるとは限りませんし、見つかったとして値引き交渉を持ちかけられることもあります。
また、換金までに数日かかる点や、取引にかかる手数料などはデメリットになりがちです。
ちなみに、友人や知人に譲る方法も同じく、すぐに買い手が見つかるとは断言できません。
フリマアプリなら写真を撮影したり、説明など概要欄を作成する手間暇がかかります。

店舗でのGooglePlayカード買取

GooglePlayカード買取で頭に浮かぶのは、金券ショップでしょう。
しかし、Googleplayカードを買取している金券ショップは少なめです。
また、来店買取可能というスタイルの金券ショップやリサイクルショップを探す手間もかかります。
しかし、メリットとしては査定スタッフの顔が見える安心感や、GooglePlay買取店なら買取額を振り込むことなく手渡ししてくれます。
即現金化が期待できるのは店舗型になります。
初回利用の場合には、身分証の確認作業を含めて、少し時間がかかりますが、査定から買取まで10分程度で現金化ができます。

宅配や出張買取

GooglePlayカード買取の方法として、宅配や出張買取があります。
宅配は宅配キットが届くので、それに買取してもらいたいGooglePlayカードを入れて、必要事項を記入した用紙を入れて買取業者に送るだけです。
査定額に納得できれば、口座振込がされます。
出張買取は、自宅に査定スタッフが訪問するスタイルです。
店舗同様に、即現金が手渡しされます。
しかし、宅配も出張も配送料や出張費がかかります。
換金率も買取サイトに比べても低い傾向です。

まとめ

GooglePlayカード買取の方法はいくつかあります。
手軽さでいえば、宅配や買取サイトです。
安心感が欲しいなら実店舗や出張買取です。
それぞれに良し悪しがあるため、しっかり調べてから利用しましょう。