クレジットカード現金化が怖いといわれる理由とは?

クレジットカード現金化は、カードのショッピング枠を現金に換えることで、換金します。
クレジットカード現金化が怖いといわれる理由として、どのような理由が挙げられるでしょうか。

現金化業者にだまされるのではないか

クレジットカード現金化の業者には、悪徳業者が一部存在します。
カードで商品を購入したけれど現金化された入金がされない、申し込みしたあとから連絡がつかなくなったなど、トラブルが発生することがあります。
クレジットカード現金化業者には、電話とメールで申し込みから入金まで完了するため、無店舗型のお店も実在します。
そのため何かトラブルが起きてもお店に行くこともできません。
業者が実在していてきちんと現金化するかはどうかは、実際に直接業者に連絡をしてやり取りをしてみて、業者側の反応を確かめてもよいです。
また、ネットで口コミを確認したり、本当に経験した人の経験談を聞くことで、中身がわかりやすくなることもあります。
老舗や実績からでも、続いているかどうかで信頼できる会社かわかることもあります。

カードの利用停止が起こるのではないか

クレジットカード現金化は、換金目的で商品を購入することを、クレジットカード会社が違法とみなしています。
そのため、カード会社に現金化がバレると、カードの利用停止休止退会など、カード自体が使えなくような処分がされることがあります。
クレジットカード現金化の業者は、方法を熟知してトラブルが起こらないような現金化方法を常に実施しています。
自分で現金化するより、トラブルか起こりにくいとも言えます。
カード事故0、トラブル一切なしなど業者側が記載していることもあり、内容が不明な場合は何を購入して現金化するのがしっかり説明を受けたほうが良いです。

返済ができなくなって取り立てに合うのではないか

クレジットカード現金化は、金融業者からお金を借りることとは違います。
ですから返済の取り立てにあったり、職場に督促の電話がきたりなど、突然の出来事に合うこともありません。
商品の代金はクレジットカード会社に返済することになりますので、返済の督促はカード会社から行われます。
お金を手に入れるとなるとどうしても返済の督促について怖いイメージを持つこともありますが、クレジットカード現金化にはそのようなことがありません。
必要以上に怖がって業者に依頼しなくてもよいといえます。
ただ、クレジットカード現金化の業者にも相性があって怖いと感じるかもしれません。
納得のいく丁寧な説明を求める場合は、担当制や女性オペレーターが在籍しているような業者を選んだほうが、嫌な感じは受けないとも言えます。

まとめ

クレジットカード現金化は怖いというイメージを持ってしまいがちですが、実際にはそのようなことがありません。
業者がきちんと対応しているかはある程度自分で調べることができますし、現金化自体は、自分でクレジットカード現金化するより自分でしたほうがカード会社に疑われることなく安心です。
返済が遅れた場合、突然の来訪や会社に電話があるような怖い返済の督促に合うこともなく、カード会社から返済の督促がありますので、そこまで心配するようなこともないとも言えます。